ふらっとすぽっとライブトーク

 ブログ更新が滞っておりました。
 ひさびさの更新です。

 12月4日(水)紀伊國屋書店の新宿南店ふらっとすぽっとにて、「菊谷文庫『kototoi』第六号発売記念 寺脇研さん・野島智司さんライブトーク!"内発的学びをしよう〜固有性を生きるために〜"」が行われました。

 いらしてくださったみなさん、ありがとうございました。
 なかには本当にふらっと立ち寄って、そのまま交流会まで参加してくださった方もいて、なんだかうれしかったです。

 終わってみると、一時間はあっという間でした。
 それでも、面白かったとおっしゃってくださる方が多くて、良かったです。
 寺脇さん、菊谷さんに助けられたとはいえ、ほっとしました。

 ただ、話し足りないと思ったこともあって、ひとつ補足しておきます。

 「ホーム・エデュケーション」という言葉じゃなくて、「ホーム・ラーニング」を使った方がいいということを寺脇さんがおっしゃっていました。その後の交流会で話しましたが、私はそれに付け加える形で、「ホームベイスド・ラーニング」(Home-based Learning)がよりしっくりくるということを考えていました。

 エデュケーションをラーニングとすることで学習者主体になりますが、その場を「家庭だけ」「学校だけ」などと(誰かが)決めてしまったら、なんだか違和感が残ります。
 家庭をベースにしつつも、そこからはみ出して、広がっていくような学びのあり方が自然じゃないかなぁと思います。
 家庭だけですべてを満たそうとすると、どうしても無理が出てきます。
 私の場合、あくまで学びの場のベースが家庭だったというだけなんです。きっと。

 私にとって、自然も、田畑も、お店も、近所も、縁側も、すべてが学びの場でした。
 他にも話し足りなかったところはありますが、それらの根っこのところは、ここかなぁと思います。


 いずれ動画も公開されるようです。
 私は自分で自分の声を聞くのがすごーく苦手なので、なるべく観ません。笑

 最後になりましたが、今回ご一緒してくださった寺脇研さん、お声掛けくださった菊谷倫彦さん、そして紀伊國屋書店新宿南店のスタッフのみなさん、ありがとうございました。
(追記:Youtubeに動画がアップされました。こちらからどうぞ。

 


 ところで、この前日まで、私は入院しておりました…。
 前週の金曜日に倒れてしまって、そのまま病院に運ばれ、人生初の救急車&入院でした…。
 まだ原因がハッキリはしていませんが、命に関わるようなものではなかったので、ひとまず良かったです。
 ご心配おかけしました。

 

コメント
あいあい>
コメントありがとう!無事に終わりました。
何かとあいあいにシワ寄せが行ってない心配ですが、忙しいと思うけど、無理しないでねー。
ブログ更新ありがとうございます。
きっと素敵なライブトークが繰り広げられたのでしょうね。
ゆっくり時間のあるときに動画拝見させてもらいます。楽しみ!
ともあれ、復活うれしいです。でもご無理なく。
  • あいあい
  • 2013/12/10 1:14 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

others