生きものと私たちのくらしのこと

 2月15日「生きものと私たちのくらしトーク・カフェ」の最終回「『伝える? 伝わる?』生きもののおもしろさ」で、ゲストのひとりとしてお招きいただき、話題提供いたしました。
 詳しい内容は、特定非営利活動法人グリーンシティ福岡さんのサイトをどうぞ。

 マイマイ計画の活動、なかでも特に「こうもりあそびば」のことをお話しました。

 糸島と言っても、特に自然が豊かな場所ではない、ありふれた住宅地の一角。
 そんな場で行っている小さな活動が、生物多様性を考えるという文脈で紹介されたということは、大きな意味のあることのように感じます。
 このトークカフェ自体、「生きものと私たちのくらし」がテーマですからね。

 とは言え、私の「環境教育への違和感」が少し議論になりました。
 私は生きものと遊ぶことを、何かの教育手段にしたくないと感じてしまうのです。(何にも教えないという意味ではないです。)

 たまたま手にとった、生命誌研究者の中村桂子さんの本にもヒントがありそうな気がしたので、メモを兼ねて引用しておきます。

"ただ私が気になるのは、環境問題の重要性を認識している人は多いのに、それを「生きる」という切り口から考えるべきことだと受け止めている人は意外に少ないということです。"

"大事なのは、生命についてすべてをわかることではなく、生命について考える、考え続けることです。生命が大切にされておらず、危機にあるからといって、生命とは何かを科学的に理解し、生命を思うように操作できる状態を作ることによってそれを乗り越えるのではなく、いつもいつも生命について考え続けることによって少しずつわかることを大事にして、危機から抜け出す道を探るほかないと思います。"

(いずれも、中村桂子『ゲノムが語る生命 ―新しい知の創出』より)

 マイマイ計画も今年で6年目。こうもりあそびばは4年目。
 この小さな場は小さいままに、ひとつの暮らしのスタイル(「あそびらき」と呼んでいます)として、少しずつ広げていくことができたらと思います。

 あらためまして、ありがとうございました。

ふらっとすぽっとライブトーク

 ブログ更新が滞っておりました。
 ひさびさの更新です。

 12月4日(水)紀伊國屋書店の新宿南店ふらっとすぽっとにて、「菊谷文庫『kototoi』第六号発売記念 寺脇研さん・野島智司さんライブトーク!"内発的学びをしよう〜固有性を生きるために〜"」が行われました。

 いらしてくださったみなさん、ありがとうございました。
 なかには本当にふらっと立ち寄って、そのまま交流会まで参加してくださった方もいて、なんだかうれしかったです。

 終わってみると、一時間はあっという間でした。
 それでも、面白かったとおっしゃってくださる方が多くて、良かったです。
 寺脇さん、菊谷さんに助けられたとはいえ、ほっとしました。

 ただ、話し足りないと思ったこともあって、ひとつ補足しておきます。

 「ホーム・エデュケーション」という言葉じゃなくて、「ホーム・ラーニング」を使った方がいいということを寺脇さんがおっしゃっていました。その後の交流会で話しましたが、私はそれに付け加える形で、「ホームベイスド・ラーニング」(Home-based Learning)がよりしっくりくるということを考えていました。

 エデュケーションをラーニングとすることで学習者主体になりますが、その場を「家庭だけ」「学校だけ」などと(誰かが)決めてしまったら、なんだか違和感が残ります。
 家庭をベースにしつつも、そこからはみ出して、広がっていくような学びのあり方が自然じゃないかなぁと思います。
 家庭だけですべてを満たそうとすると、どうしても無理が出てきます。
 私の場合、あくまで学びの場のベースが家庭だったというだけなんです。きっと。

 私にとって、自然も、田畑も、お店も、近所も、縁側も、すべてが学びの場でした。
 他にも話し足りなかったところはありますが、それらの根っこのところは、ここかなぁと思います。


 いずれ動画も公開されるようです。
 私は自分で自分の声を聞くのがすごーく苦手なので、なるべく観ません。笑

 最後になりましたが、今回ご一緒してくださった寺脇研さん、お声掛けくださった菊谷倫彦さん、そして紀伊國屋書店新宿南店のスタッフのみなさん、ありがとうございました。
(追記:Youtubeに動画がアップされました。こちらからどうぞ。

 


 ところで、この前日まで、私は入院しておりました…。
 前週の金曜日に倒れてしまって、そのまま病院に運ばれ、人生初の救急車&入院でした…。
 まだ原因がハッキリはしていませんが、命に関わるようなものではなかったので、ひとまず良かったです。
 ご心配おかけしました。

 

クリエイターEXPOご報告

 クリエイターEXPO東京、おかげさまで無事に終了しました。
 出る前は緊張したけど、終わってみると楽しかった!
 売り込み下手なのに、初日からいい出会いがいくつもありました。

 私のいたブース周辺は、なんだかゆったりした空気が流れていたように思います。
 とりわけ両隣の出展者さんがとっても素敵な人たちで、すごく力になってくれて、今後も力になってくれそうで、ありがたかったです。


 自分の能力のどういう部分がどういうところに求められるのか、今回知ることができたと感じています。

 たくさんいただいた素敵なお話のなかには、その場で決定したものもあります。
 今後きっと良い知らせができると思いますので、気長にお待ちください。
 私の文章を、必要としてくれる人の心に届けられるよう、これからもがんばります。


 文章を書き続けるためには、生き物や自然と直に触れる機会を絶やさないことと、最新の知見や面白い情報を自分自身が求め続けることが大事だなって思います。
 これからもひとつひとつの出会いを大事に、丁寧な仕事を心がけていきます。

 お世話になったみなさま、ありがとうございました!
 今後ともよろしくお願いいたします。

雨の日に空想したこと

 先週は「雨とはたらく 絵本カーニバル」の一環として、糸家にて「雨の日の空想事」と題したワークショップをさせていただきました。
 当日いらしてくださったみなさま、ありがとうございました。


(たくさんの絵本と、右下にはモクコモさん作のチェーンソー製スギマイマイ)



 今回はもしも自分が小人になったら、という想定で、大きくふたつのことをしました。

 前半は、私が雨の日に撮った写真をA4サイズで出力したものをたくさん用意して、そこに「小人になったらやってみたいこと」を絵に描いてもらいました。




 みんなどんどん描き込んでくれて、見ている私がわくわくしました。
 植物や水滴で色んな遊びをしているものや、生き物の上に乗っているもの、カエルやアメンボなど生き物の家があったり、「お父さんやお母さんが小人になったところを見ている様子」なんてのもありました。





 後半は、小さな箱を使って、自分が小人になった時のための家を作ってもらいました。

 段ボールや画用紙、ペンやテープを使って作るだけでなく、葉っぱや木の枝などの身近な自然素材も用意して、材料に使ってもらいました。




 落ち葉が椅子になったり、布団になったり、風呂にシロツメクサが入っていたり、やっぱりこちらがわくわくさせられました。

 まだ作り続けている子もいましたが、時間になってしまい、ひとまず終了。
 帰り道でも何かを拾って、続きを作ってみてほしいと伝えましたが、どうなってるかなぁ。




 雨降りの日に膨らませる空想事。
 今回のワークショップが、参加してくれたみなさんの視点を広げるきっかけになれば幸いです。

 当日は雨を期待していたんですが、降らなかったので、雨の音をBGMにしました。

 これまでやってきた写真と言葉のワークショップにも、あるいは空想生物づくりにも、この前半の形式を取り入れたら楽しいかもしれないなどと感じました。
 次につながるワークショップで、個人的にはとっても良かったです。
 今回の絵本カーニバル関係者のみなさん、会場の糸家さん、良い機会をありがとうございました。



(ダンボールマイマイ?!)


※写真は糸家の住人さんから提供していただきました。ありがとうございました!

Tanacafe・ここのき周年祭の御礼

 5月26と27日の2日間「TanaCafe+Coffee Roaster、糸島くらし×ここのき、みなさまのおかげで5周年・3周年『ありがとう』祭」でワークショップをさせていただきました。


これはおがくずねんどじゃないですよ。天然パン工房楽楽さんのパン文字です!


 なにげに私も写ってしまっています…。

 ヘンテコどうぶつづくりのワークショップは、ここのきの木の葉モール出店がきっかけで生まれたため、これまで糸島のここのきで行う機会はほとんどありませんでした。





 今回は沢山の方々にお越しいただいて、それもご家族で参加された方が多くて、とってもうれしかったです。


(ここのき・こども店長作)


 今回は、ヘンテコどうぶつだけじゃなくて、ヘンテコお菓子づくりもやってみました。





 なかなか美味しそうですが、食べられません。
 長期保存はできます。

 よく樹脂粘土で作られた本物そっくりのフェイクスイーツがありますが、ヘンテコお菓子はリアルじゃないのに美味しそうっていうところを目指したいと思っています。


 2日目には、マグネットづくりのワークショップも実施しました。
 こちらも楽しんでいただけたようで、とても嬉しかったです。



 私は普段、自分のことでせいいっぱいで、誰かを支えるようなことが全然できていないと感じます。
 けれど、もしマイマイ計画が、Tanacafe・ここのきの周年祭をほんの一部でも彩ることができたのなら、それはとてもとてもうれしく、自分の支えになります。

 当日いらしてくださった方はもちろん、すべての関係者のみなさま、本当にありがとうございました。

 あらためまして、TanaCafe+Coffee Roaster・糸島くらし×ここのき、5周年・3周年おめでとうございます。

デザインフェスタの御礼

 遅くなりましたが、デザインフェスタ出展、無事終了しました!
 お越しいただいたみなさま、足を止めてくださった方々、ありがとうございました。



 久しぶりの出展なのに「前回欲しかったポストカードが売り切れで買えなかったから」とお買い求めいただいた方…
 発行部数極少数だったのに「メルマガ読んでました。手紙の形式になるの楽しみに待っています」とおっしゃってくださった方
 本の内容と直接は関係しないのに、拙著をきっかけにマイマイ計画を知ってデザフェスにいらっしゃった方
 架空ストアでナゾマイマイを知り、新たにお買い求めくださった方
 ツイッター見てます、Facebook見てます、とおっしゃってくださった方
 今回初めてポストカードを見て、好きになってくれた方
 ナゾマイマイに目が釘つけになっていた方
 などなど…。

 本当に、本当に、うれしかったです。
 ありがとうございました。

 マイマイ計画が、みなさんの身近にある自然に目を向けるきっかけとなれば、何より幸いです。



 秋のデザフェスには参加しませんが、春にはなるべく参加したいと思っています。
 これからもマイマイ計画を、よろしくお願いいたします。


「みんなでつくる空想生物図鑑」の報告

 先日、ここのきで「みんなでつくる空想生物図鑑」を開催しました。

 初めての試みだからか、糸島110kmウォークと重なったせいなのか、参加者は少数で、こじんまりと。
 とはいえ、どうなることやらドキドキわくわく。




 糸島半島沖に新たな島が出現した、という設定で、まずは、ひとりひとり、島で「目撃」した生物や、その痕跡について、情報を書いてもらいました。

 そしてその後は、それぞれについて「調査」を行い、追加情報を貼っていきます。

 子どもは先陣を切って、自由な発想を描いていきます。
 大人はそれに引っ張られながら、もっと緻密な発想で描いていきます。


 最初はどうなることかと思いましたが、何かのスイッチが入ると、発想はどんどん膨らんでいきます。
 最終的には、こんなにたくさんの「目撃情報」が入りました。





 とはいえ、痕跡だけの情報も多く、今回の状況では図鑑を作るほどまでの情報量には達しませんでした。
 もっと調査が必要です。
 ただ、島には「ハテナ諸島」という名前が付けられ、「ハテナ諸島生物調査報告書」を作ることになりそうです。



 反省点も多いのですが、でもその分収穫もたくさんありました。

 鍵はやはり、どのように空想のスイッチを入れるか、というところ。
 今回のことを活かしつつ、次は別のやり方も試してみたいなぁ。


 何より「楽しかった」と言ってもらえたのが一番大きな収穫です。

 今後もじっくり、空想生物ワークショップを育てていきたいと思います。
 次回はいつにしようかな。


(超シンプルだけど、お気に入り)

2012年をふりかえる

 2012年も終わりを迎えます。
 早いですねー。
 この一年はなんだか特にあっという間に感じます。
 それだけ私がおじさんになったということでしょうか…。

 さて、2012年のマイマイ計画、どんなことがあったでしょうか。


▼糸島くらし×ここのきにて、散歩自然教室を実施
 材料を集めて、おがくずねんどでヘンテコどうぶつを作ったり、「いきものかくれんぼ」と題して、色々な「手配写真」の撮影地点を探すゲームをしたり、夏には商店街を飛び回るアブラコウモリを観察。
 そして記憶に新しいところでは、写真と言葉のポストカードづくりもしました。

 このうちいくつかは、木の葉モール橋本でも実施いたしました。
 特に、コウモリ観察、今年はたくさん見ることができて、楽しかったなぁ。



▼「ヒトの見ている世界 蝶の見ている世界(青春新書インテリジェンス)」を出版
 マイマイ計画というか、野島智司として、初めての商業出版でした。
 おかげで新聞などの露出も多い年になりましたし、糸島市の図書館での夏休み子ども教室などもすることができました。
 本はやっぱり届く相手が圧倒的に多いので、難しさもあるけれど、続けていきたいなぁ。



▼お菓子の香梅光の森店にて個展「散歩の気持ち」を開催
 2011年にAAF河原町アワードで賞をいただいた関係で、熊本のお菓子の香梅にて、個展を開催することになりました。
 初めてのちゃんとした個展で反省点もありましたが、嬉しいこともたくさんありました。
 来年もまた個展やりたいなぁ。



▼糸島くらしマーケットとして福岡三越ネオネに出店
 たくさんの人に支えられていることを実感するのが、この糸島くらしマーケット。
 マイマイ計画も、ポストカードとナゾマイマイで参加いたしました。
 ナゾマイマイの人工繁殖(?)もたくさん実演して、たくさんの出会いがありました。



▼糸島産おがくずを使った新おがくずねんど
 杉の木クラフトさんの全面的な協力のもと、おがくずねんどを手作りのものに切り替えました。
(ときどきある変わった色のねんどは、moqu comoさんのおがくずを使っています。)
 おかげでヘンテコどうぶつも、より味わい深いヘンテコになったように思います。
 ナゾマイマイもバリエーションが豊かになりました。
 さらには、新おがくずねんどを使った睡眠動物が好評で、西日本新聞にも掲載していただきました。




▼こうもりあそびばを継続中
 そんなこんなの毎日ですが、こうもりあそびばも続けることができました。
 ほんと感謝、感謝です。

 来年からは、こうもりあそびばを開けられる日がちょっと減ってしまいそうなんですが、
 少人数ならではの良さのあるこの場を、細々と続けていきたいです。



 他にもいろんなことがありました。
 九州クリエイターズマーケットに出たり、河原町アートの日に出たり、写真と言葉のポストカードの新作も増えました。メルマガしてみたりしました。カレンダーもできました。





 そんなこんなのマイマイ計画でした。
 今年もたくさんの方々にお世話になりました。
 本当に、ありがとうございました。

 来年もマイマイ計画をさらに進めていけるよう、応援よろしくお願いいたします。


12月河原町アートの日

 久しぶりに河原町アートの日に参加してきました。


 この場所の雰囲気がとっても好きなんです。

 ただ、今回はとっても寒くて、雪が降るほどだったんですが、主催者の方がカイロと小型ストーブを貸し出してくれたおかげで、助かりました。

 最近、新聞でアートの日が紹介されたらしく、今回は初めて来たというお客さんが多かったです。

 カレンダーを少ししか作って来なかったので、早々と売り切れてしまいました。
 たくさん作っておけば良かった!


 写真と言葉のポストカードも、ナゾマイマイたちも、たくさん旅立っていきました。
 嬉しい言葉もたくさんいただきました。


「普段は脇役のものたちが、主役になっていて嬉しい」

 そんな言葉をポストカードを選びながら呟いてくださった方もいて、なんだかとても心に残りました。

 偶然知人も来てくれたり、新たな出会いもあったり、いつもの方にいつものように出会えたり、楽しい一日になりました。
 糸島に行ってみたいという方も多くて、糸島アピールもしちゃいました。


 遠いので毎回参加できるわけではないですが、河原町アートの日は、ちょくちょく参加したいと思っています。
 熊本市近郊のみなさまも、マイマイ計画を今後ともよろしくお願いいたします。


お散歩自然教室「写真と言葉のポストカードを作ろう!」レポート

 先日、糸島くらし×ここのきにて、マイマイ計画のお散歩自然教室「写真と言葉のポストカードを作ろう!」を開催しました。
 大人も子どもも参加してくれました。




ここのきを出発して、散歩しながら写真を撮ります。





「自然教室」とはありますが、今回は「自然体」の意味での自然がメイン。





「あ、あんなところにハトが!」




大人はつい「うまく撮ろう」と構えちゃうけれど、子どもは素直に撮ってくれます。




当日は、唐津街道前原宿の軽トラ市開催日。
無料でぜんざいを振舞っていたので、参加者みんなで食べました。

散歩に脱線はつきものです。



 そのままここのきに戻って、紙に自分で言葉を書いて、それをパソコンで合成して、ポストカードにしました。
 ひとつの言葉を長い間じっくり考える人もいれば、一人でいくつも考えてしまう方も。




 こちらが完成したポストカード。どれも素敵!


 今回の目的は、ポストカード作りを通して自分の気持ちを表現することで、深呼吸をするような、すーっとした気持ちになってもらうこと。
 そういう意味では、うまくできたかなぁ。


 参加者の一人で、糸島でドレッシングを作っている方が今回のことをブログに書いてくれたので、最後に勝手にリンクしておきます。




 参加者の皆様、ここのきスタッフの皆様、(ねこめさん親子も)お世話になりました。
 ありがとうございました!

 今後もちょくちょく、小さな脱線ありの「お散歩自然教室」を開いていきたいと思います。

| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

others